AUN ASSET
海外不動産投資なら
東証二部上場アウンコンサルティング

・フィリピンのインフラ整備について

フィリピンのドゥテルテ政権は2017年4月に2017~2022年の6年間で約8兆ペソ(約17兆円)に及ぶインフラ整備計画を発表しています。
マニラ首都圏における同国初の地下鉄網の整備が目玉となっています。

フィリピンは、GDPに占める投資(公共投資のほか民間設備、在庫、住宅を含む)の割合がASEAN主要国の中でも低位にとどまってきたといわれています。しかし、国際通貨基金(IMF)は、この割合がインフラ投資の拡大によって今後上昇し、投資が成長のドライバーになるとの見通しを示しています。インフラ整備によって外国資本を含めた企業の投資を呼び込み、さらに成長期待を背景に消費など内需の活性化も期待されるのではないでしょうか。

※インフラ=「インフラストラクチャー」の略。
産業や社会生活の基盤となる施設のことをいいます。
例えば、電気、石油、ガスといったエネルギー関連や、学校や病院など生活に必要な社会資本も含まれます。

Top